読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宅通の日常

筑波大学の自宅通学生(通称: 宅通)事情をつづっていきます。

サークル活動

さて、今回は筑波大のサークル活動について宅通目線で書いてみたいと思います。

 

新歓

大学といえばサークル活動、さてどこに入ろうか…。となればまずは新歓に行ってみましょう。
 
入学式前後の記事でも書きましたが、入学式の後に第一エリア周辺で新歓祭を行っています。ここでは色々なサークルがチラシを配っているのでぐるっと回ってみるといいでしょう。
 
また、4月〜5月にかけて、6限後に宿舎周辺でサークルの勧誘が行われています。学内の掲示板や、サークル情報誌などでいきたいところに目星をつけておくといいと思います。
 
サークルとはやや異なりますが、各種の実行委員会もこの時期に勧誘をしています。学内イベントの運営に興味がある人は行ってみるといいでしょう。
 

宅通でも馴染めるか

宅通は終電とか気にしないといけないしサークル活動を楽しめないのでは…と心配している人もいると思います。
結論からいえば、大抵のところはサークル本来の活動だけであれば全く問題なく参加できます。よっぽど早い22時くらいの門限だとギリギリになるかもしれませんが、まず問題ないと思います。
 
ただ、毎回ではありませんがサークルの後にごはんということがあります。この場合はご家庭によっては厳しいかもしれません。
門限が0時くらいであるまたは突然の外泊も大丈夫、ということならば問題ないでしょう。
 
新歓期は先輩たちのおごりでごはんが付くことが多いです。
サークル仲間になる一年生が知り合う機会でもあるので、厳しいご家庭でも交渉の余地があれば、この時期だけでもなるべく参加するといいと思います。
もしも出られなくても、今後の活動に積極的に関わるようにすれば馴染めないということはないです。
 
普段のごはんの予定はつくば民たちのその日の気分なので予測不可能なこともあります。宅通だから…といえば抜けても納得されますし、それで嫌な顔をする人は誰もいません。むしろ、気が乗らないなーというときの言い訳として使えるのである意味便利かも(笑)
 

休日の活動

土日や長期休みに活動があるかどうかは一応チェックしておきましょう。任意の参加で行くのが面倒であれば行かないという手もあると思います。
長期休み中は定期の値段と行く頻度を相談しましょう。定期券を買うほどじゃないけれどそこそこの回数いく、という場合には回数券の購入をお勧めします。
TXの回数券は大学会館下、春日4丁目、つくばセンターのキュート、さらに南のデイズタウンで普通に買うよりも割安のものが買えます。
 

まとめ

実際にサークルにはいってみると、当たり前のことですが、馴染めるかどうかは宅通であるかどうかよりも積極的に活動に関われるかどうかによるものだとわかります。
逆に言えばつくば民でもあまり参加しないで馴染めない人というのはいるものです。
宅通であることをことさらにコンプレックスに思わずに気楽に楽しめれば大丈夫ですよ!
 
「ブログ削除のお知らせ」
http://takutsu.hatenablog.com/entry/2017/01/06/135058