読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宅通の日常

筑波大学の自宅通学生(通称: 宅通)事情をつづっていきます。

1年たって

「宅通の日常」の記事を初めて書いてからはや1年。今年も合格発表の時期がやってきて、アクセス数がぐーんと伸びています笑

 
筑波大学に合格した皆さま、おめでとうございます。
 
私が入学したころ、宅通は周りにもそこそこいたのですが、2年生になると第1〜第3エリアの学生はほぼアパ民へと変わっていきました。
 
そういった環境の変化やら宅通のことを知りもせず好き勝手なこという人やら親との関係やら、色々なことが重なって
 
「宅通は多苦痛なんかじゃない!」「なんも知らんくせに好き勝手言うな!」と主張したくなってこのブログを書いた次第です。笑
 
私は多苦痛という字面が本当に嫌いです。
 
宅通が多苦痛になってしまうとしたら、それは情報が偏っているからです。
 
宅通生の情報発信はネガティブなものになりがちだけれど、そしてそれを拾う学生の方が多いのだけれど、ちゃんと大学生活を楽しむ方法だってあるんです。
 
宅通をするみなさんにお願いです。多少の辛いことがあっても、自分なりに「工夫して」楽しんでいることを発信してください。
 
そして宅通民以外にも言えることですが、つくばに泊まる以外にも工夫していることを伝えずに安易に「宅通でも大丈夫!」というのはやめてください。
 
ただ、宅通をコンプレックスに思う必要なんて微塵もない、それだけは主張しておきたいと思います。
 
それでは、楽しい大学生活を!
 
「ブログ削除のお知らせ」
http://takutsu.hatenablog.com/entry/2017/01/06/135058